竹田城へのアクセスやお土産、付近の観光スポットは?

牧場

雲海が早朝に現れることで、”幻想的だ”と有名になった竹田城
規模も大きな総石垣造りの城なだけに、まさに「遺跡」といった様子で人気が高まっています。

一度は訪れたい城ですが、アクセスはどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク
レンタルタグ(大)

竹田城にはどうやっていく?

雲海がよく現れる地域と聞いて、どんな場所を想像しますか?

竹田城は、兵庫県の中央部から少し東北に位置する、「和田山町」に存在し、山間部にあります。

けっこうな、山の中ですね。

自動車で行く場合と、電車で行く場合を調べてみました。

車で行くには

竹田城には、町の裏手にあたる側に、駐車場が2か所あります。
麓には、「山城の郷」というショッピング施設がありますので、そこを目指して行くといいでしょう。

竹田城に車で向かうには、南の山陽方面から、北の山陰方面、東の福知山、丹波方面から行くことができます。

山陽方面からは向かう場合、播但道路(有料)を使い和田山インターで降り、「山城の郷」を目指します。

山陰方面からは、”北近畿豊岡自動車道”の”和田山八鹿道路区間”を通って和田山インターで降り、「山城の郷」へ。

福知山や丹波方面からは、”北近畿豊岡自動車道”の”春日和田山道路区間”を通って和田山インターで降り、同じく「山城の郷」に向います。
(北近畿豊岡自動車道は一部有料区間があります)

「和田山インター」から「山城の郷」までは、10分弱で到着する距離です。

インターチェンジの出口は少し複雑なので、出口を間違えないように注意しましょう。

電車で行くには

竹田城の最寄駅は、播但線の「竹田駅」になります。

竹田城がある、「古城山」が駅のすぐ近くに迫っているので、駅を出てすぐに竹田城に向かって登ることもできます。

播但線の「竹田駅」へ、路線を使っていくには、次の方法があります。

・山陽本線の「姫路駅」から播但線に乗る
・山陰本線の「和田山駅」から播但線に乗る

駅前に登山道があるので、比較的訪れやすい城ですね。

ただし、駅前ではレンタカーを借りられる場所がないので、竹田城の他に観光するつもりなら、注意が必要です。

お土産はどんなものがある?

このあたりで有名な特産品は、「但馬牛」、「黒大豆」、「岩津ねぎ」、それから日本酒になります。

もともと人が多く訪れる観光地ではなかったため、有名なお菓子などは、見当たりませんでした。

しかし、山間部ということで、綺麗な水が豊富なので、日本酒には定評があります。

”田治米(たじめ)合名会社”や、”此の友(このとも)酒造株式会社”といった酒造会社があり、「竹泉」「田治米」「但馬」といった銘柄が人気です。

他には、観光用のお土産が、次の2か所で購入できます。

「山城の郷」
竹田城の麓にあり、菓子類や名産品、オリジナル商品などが購入できます。
レストランも併設されていますが、夕方までなので、時間には注意したいですね。

山城の郷ホームページ

「おみやげ百選 竹田城跡」
”但馬地区最大級の品ぞろえ”のふれこみがある施設です。

和田山インターを降りた信号を、北におよそ200mの位置にあります。

こちらはお土産がメインで、休憩スペースはありますが、レストランは併設されていません。

おみやげ百選 竹田城跡 ホームページ

岩津ねぎとは?
白葱(根深ねぎ)と青葱(葉ねぎ)の中間種で、青いところから白いところまで全部食べられる。身は柔らかく、甘みや香りが強いのが特徴。
(wikipediaより抜粋)

その他には?

りっぱな近代城郭を持つ城だったということは、その下の町は城下町だったことになりますね。

ただし、江戸時代に入り、すぐに廃城になったことから、大きな開発は行われていないようです。

しかし、情緒ある建物もありますので、散策してみるのもいいでしょう。

駅近くには「情報館 天空の城」

竹田駅から近くに、「情報館 天空の城」という、朝来市が運営する施設があります。

無料で、閲覧できます。
時間に余裕があれば寄ってるのもいいですね。

情緒ある宿泊施設など

竹田駅周辺には、宿泊施設もあります。
寺子屋 はな亭」は古民家を改修した、情緒あふれる宿が用意してあり、ゆっくりとくつろげる宿です。

近くには、明治時代の民家を改修した「カフェ 寺子屋」があり、食事やスイーツをいただくことができます。

寺子屋 はな亭 ホームページ

城の散策だけじゃなく、ゆっくり宿泊するのもいいかもしれませんね。

1200年掘られた生野銀山

竹田城から車で約30分の位置には、「生野銀山」があります。

807年から1974年の閉山まで、およそ1200年にわたって鉱石を算出した巨大鉱山でした。

平成23年(2011年)にミュージアムが新装されています。

某深夜番組でも「地下アイドル”GINZAN BOYS”」が紹介され、密かなブームが起こっているのだとか。

生野銀山 ホームページ

まとめ

竹田城には、自動車でも、電車でも訪れることができます。
駅前には登山口があるので、城までの移動もそれほど苦にはなりません。
(ただし、登山道はそれなりに疲れます)

名産のお菓子などは見当たりませんが、観光客が増えているので、お土産施設があり、そちらで求めると良いでしょう。

特産の、「但馬牛」や、「岩津ねぎ」などを使ったお土産が人気です。
また、竹田駅の周りは町があり、宿泊することもできます。

古民家を改修した情緒あふれる宿で、旅の疲れを癒すのもいいですね。
他にも、資料館がありますし、少し離れた場所には、日本屈指の採掘量を誇った「生野銀山」があります。

お城いくだけではない楽しみもできますね。

スポンサーリンク
レンタルタグ(大)
レンタルタグ(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする