クレジットカード守るたった3つの方法

盾

お城を巡るとき、車で行くのもいいですが、
電車旅もまたいいですよね。

駅から近い姫路城や、彦根城なら、
電車に乗っている間ものんびりできますし、
渋滞に巻き込まれる心配もありません。

そういった電車代って、現金で払っていますか?
カードで払っていますか?

前回、現金払いだと、年間通して結構な
損をしてますよという話を書きました。

知らないと大きな差になる使い分けの話

でも、”カードを使うのが不安
と思っている人もいますよね。

この記事では、カードとうまく付き合うための
お話をします。

スポンサーリンク
レンタルタグ(大)

安心してカードを使うために

クレジットカードは、現金を持ち歩かずにすむので、
とても便利です。

しかし、現金と同じで、
取扱いには十分気を付ける必要があります。

不注意による破損に注意

何よりもまず、自分自身が破損しないように
気を付ける必要がありますよね。

・カードを曲げない
・磁気に近づけない

男の人で、よく財布を、おしりのポケットに
入れたままにしている人がいますが、カードを
いれたままにすると、曲がってしまうことがあります。

そうすると、使う時にカード情報を読めず、
使えないことがあるので、注意しましょう。

また、磁気を近づけるとデータに不具合が
生じてしまうので、注意が必要です。

健康器具の中には、磁力を使うようなものもあるので、
そういったものに近づけないようにします。

カードのデータを読み取られないために

クレジットカードの情報を読み取ることを
スキミング”といいますが、読み取られると、
そのカード情報を使って、持ち主が知らないうちに
カードを使われてしまうわけですね。

この被害が怖くて、カードって持つ気にならない方って
いると思います。

もちろん、ちゃんと気を付けておくことで、
予防は可能ですし、万が一被害があったとしても、
カード会社が対応してくれます。

予防する方法として、次のことが挙げられます。
・IC付クレジットカードにする
・ショップで使うときは対面したまま使っていることを確認する
・暗証番号を押すときは、キーを手で隠す

スキミングは、古いタイプのカードだと
被害に合いやすいので、ICチップ入りのカードなら
安心です。

今はほとんどのカードがICチップ入りのものに
なっているので、安心ですね。

また、古いカードであっても、予防することはできます。

スキミングする時には、
特殊な機械を通す必要があるので、
レジの機械とは別に通す必要があります。

レジとは別の機械に複数通すような行動がないことを
確認しておきましょう。

もちろん、そんな怪しい行動をするようなお店には、
二度と近づかないようにすることも重要ですね。

夜の怪しい店での飲食では、
スキミングされる可能性もあるので、
そういった店にも近づかない方が賢明です。

それから、カードを使う時、端末を使って暗証番号を
打込むこともありますが、周りから見えないように
手で覆って打込むようにしましょう。

カードの利用しすぎを防ぐには

クレジットカードでトラブルは、カードの破損や
スキミングより、自分自身の使いすぎに注意
することが一番重要かもしれません。

なにせ、使いすぎても、自分の意志で使っているから、
カード会社も容赦してくれないですよね。

使いすぎてしまうのは、自分がいくら使っているのかを
把握できていないことが大きな原因ですので、
そこをきちんと管理しておけば、
怖いことはありませんよね。

なにより、使うも、使わないも自分の意志です。

カード利用しすぎないための3つのコツ
・リボ払いは極力使わない
・カード利用額を把握しておく
・日用品にのみ使うようにする

リボ払いは、毎月決まった金額を支払う返済方法です。

たいてい、5千円から1万円程度なので、
毎月の負担は少ないですね。

ただ、ここが落とし穴で、少ない金額しか使わないなら
リボ払いでもいいのですが、大きな金額になると、
それだけ長い期間返済することになります。

期間が長くなると利子もそれに伴って大きくなるので、
出来る限り利子のつかない1回払いか2回払いで
返済できる範囲
にしましょう。

カードを使うと、現金はおよそ1か月後に
引き落とされます。

使った時に現金が減らないので、
つい”まだ買える”と思いがちです。

利用した時のレシートは捨てずに、締日ごとに
いくら使っているのか、しっかり管理すれば、
金額を把握することができます。

また、食材や日用品を毎月いくらまで使うか
決めておいて、その範囲内で使うようにすれば、
把握しやすくなります。

カードでの支払いは、ある程度、支払った金額を
管理していれば、ポイントも貯まるし、
便利でお得
なんですよ。

言い換えると、支払った金額の管理ができないようなら、
持たない選択もあり
だと思います。

あなたのカードは守られる

クレジットカードは守られています。
もし、盗難にあい、不正に使われてしまっても、
盗難保障を受けることができるんですね。

カードを使う大きな利点は、これです。

これが”現金の入った財布”なら、
まず帰ってきませんよね。

ところが、カードの場合は、使われる前に
ただの板切れにすることもできますし、
万が一使われたとしても、盗難保障が受けられるんです。

カードが不正利用されたと分かった時や、
紛失してしまったら、すぐにクレジット会社に連絡し、
同時に警察にも届けるようにしましょう。

まとめ

自分のクレジットカードを守るために、
大きく3つ挙げました。

・カードを破損しないこと
・レジでの扱い方を見ておくこと
・利用額を把握しておくこと

そして、現金との大きな違いは、もし、
紛失してしまっても、利用停止や盗難補償がある、
ということですね。

お城めぐりに必要な費用も、
上手に使って、節約に役立ててくださいね。

次はカードの得意分野を使い分けて、
上手に節約する方法についてお伝えします。

お城への旅行で、お得になるカードの使い分けとは?

スポンサーリンク
レンタルタグ(大)
レンタルタグ(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする